沖縄のバスは遅れる?明日からできる対策法紹介!時間通り来ないなら早めに行こう!

たーかー

はいさ~い!

沖縄のバスは時刻通り来ないから、待ち合わせに遅れそうになり困った

こんな経験ありませんか?

沖縄のバスが遅れる理由は、沖縄の交通状況が原因です。

沖縄は車社会で、18歳以上のほとんどの人が運転しています。

車を運転する人が多いため通勤時間帯は道路が混みやすく、バスも渋滞に巻き込まれるため遅れてしまうのです。

バスが遅れてしまうと困りますよね。バスが遅れても困らない対策法は遅れるなら早めに行く

これで一発解決です。

この記事ではなぜバスが遅れるのか、遅れても焦らない方法を説明します。

この記事を読むことで、バスに乗り遅れることがなくなり、焦らなくなります。

ぜひ参考にしてください。

目次

沖縄のバスはなぜ遅れる理由は?

パンを食べながら焦る助成

沖縄のバスが遅れる原因は、沖縄の交通状況に原因があります。

沖縄は超車社会で、車の保有率は人口の約80%となっています。

この割合は18歳未満の人口も含めているので、18歳以上はほぼ100%と言っていいほど車を持っています。

沖縄の社会人のほとんどの通勤手段は車で、大学生以上の学生の通学もほとんどが車です。

朝の通学、通勤や、夕方の帰宅、退勤時間は渋滞することも当たり前です。

また観光客の移動手段もほとんどがレンタカーです。

沖縄にはバスレーン(道路)がありますが、その区域は那覇~浦添間のごく一部で、ほとんどの道路にバス用の規制がありません。

そのため渋滞がある時は、バスも一緒に巻き込まれてしまいます。

渋滞中バスがいるからといって、バスに譲ってくれる人はいません。(その理由は後述します。)

沖縄の道路は路駐(路上駐車)している車が多いです。

左車線を走っていたら車線変更をしないといけませんが、一般車なら少しの車線変更で済みます。

バスは幅も長さも大きいため、簡単には車線変更できません。

しかしバスに道を譲ってくれる人がほとんどいないので、信号が赤になるまでバスは待たないといけません。

スポンサーリンク

沖縄の人は通勤・通学が時間ギリギリだから、バスが遅れる

ここまでで説明してきて、

沖縄の人って道を譲ってくれないぐらい心が狭いの?

そう思われそうですが、そうではありません。

「うちなータイム」と言う言葉を聞いた事ありませんか?

うちなータイムとは

沖縄には、独特の時間の流れがあり、基本ゆっくり行動します。

飲み会などの集会や行事が遅れて始まったりします。

「沖縄タイム」「沖縄時間」とも言われます。

「うちなータイム」、通勤時間にも当てはまります。沖縄の人は、定時ギリギリに出勤する人が多くいます。

仕事に遅刻しそうになるため、バスに道を譲る余裕がなくなってくるのです。

スポンサーリンク

解決策:沖縄のバスが遅れるなら、自分が早めに行こう

考える助成

バスが遅れても困らない解決策です。

出発時刻予定の時間より、前の時刻のバスに乗りましょう。

対策法はこれしかありません。

沖縄のバスは場合によっては、20分近く遅くなることもあります。

同じ路線バスが2台同時に来ることもあります。それは珍しい事でもありません。

そのため出発時刻のバスが、次の時刻と重なることもあります。

それなら、自分が前の時刻の時間に到着すれば良いのです。

そうすることで、どんなに遅れても予定の出発時刻のバスには乗れます。

解決策にはなりませんが、バスが遅れていても焦らなくなる方法があります。

バスなび沖縄アプリを使う事です。

【バスなび沖縄】とは沖縄県内のバス4社の

  • 時刻表
  • 運賃
  • 所要時間
  • 接近情報

これらを検索する事ができます。

時刻表・運賃・所要時間はGoogleマップで簡単に検索可能ですが、接近情報は検索することができません。

出発時刻にバスが到着しなければ、いつ着くのか気になりますよね?

そんな時に、「バスなび沖縄」で接近情報を確認することで安心できます。

バスなび沖縄の詳しい使い方は下記の記事を参考にしてください。

まとめ:沖縄のバスが来ないのは当たり前。遅れるなら自分の行動を早く!

沖縄の人は時間にルーズな人が多いです。

お家でゆっくりしすぎて、いざ出かける時に「時間が足りない!」ってなる人も多いです。

その結果、バスに道を譲ってくれる人が少なくなってしまい、バスが遅れる原因になってしまいます。

それなら、自分の行動を早くするのはどうですか?

人の行動は変えるのは難しくても、自分の行動は変える事可能です!

そして、「バスなび沖縄」を利用することで、バスの位置を確認することができるので、安心して待っていられます。

ぜひ自分の行動を変えて、あなたの生活が快適になってくれると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次