沖縄は雨が降っても傘を持たない理由は!?降水確率何%から持つの?

たーかー

はいさ~い!

あなたは降水確率が何%だと傘を持って外出しますか?

全国平均だと降水確率40~60%で9割の人が傘を持っています。
(参考元:cancan.jp)

私の体感では、沖縄だと50%の降水確率でも傘を持っている人は、3割もいません

降水確率100%でも持たない人がいます。

もはや外に出た時、小ぶりぐらいなら持ちません(笑)

驚きですか?

では何故沖縄の人は傘を持たないのか?

それは、沖縄の気候や、沖縄の文化が理由です。

その理由を説明していきますね。

目次

沖縄は年間の降水日数は多い!

沖縄は快晴が多いとイメージしている方もいると思います。

実際は年間128日雨が降っており、全国で12位と比較的雨がよく降っている県です。

1年の1/3が雨と考えると意外と多いのではないでしょうか?

沖縄県民は、全国的に雨が多いのに傘を持つことが少ないです。

スポンサーリンク

台風が多い

強風で傘が飛ばされる

皆さん台風を経験した事ありますか?

知っている方も多いと思いますが、沖縄は台風の多い県です。

沖縄近くの台風は、離れていても風が強いです。

風が強いと傘が飛ばされてしまい、差してても意味がないため、傘は差しません。

学生は車を持っていませんが、風が強いだけで迎えに行く親は少ないです。

それほど台風が多く、風が強いのも当たり前の環境です。

そのため学生は台風の前日は、雨に濡れて帰るのも当たり前でした。

そんな環境なの、で雨に濡れるのは気にならなくなり、大人になっても傘を持たない人が多いです。

18歳以上の移動は、ほとんどが車

沖縄では18歳になると、ほとんどの人が免許を取得し車を持っています。

電車がなくバスだけだと利便性が悪いため、車を保有することになります。

そのため高校を卒業すると、どこに行くにも車になります。

外を歩くことが少ないです。

雨が降っても車移動だし、駐車場から建物まで数mのために傘なんて持たないって人は多くいます。

スポンサーリンク

沖縄の雨はすぐに止む

沖縄は、雨が降っても一瞬で止むことも多いです。

それこそ1分も降らない時もあります。

一瞬でやむ雨の事を、沖縄の方言で『かたぶいと言います。

すぐに止むなら待てばいっか~!

沖縄の人はのんびりしている人が多いため、この考えの人多いです。

雨が降っても待てば止むのに傘を持つ理由がありません。

もし雨が止まなかったら?

なんくるないさ~(何とかなるでしょ)

と、そんな感じで気にしません(笑)

雨に濡れても寒くない

雨に濡れて風邪をひきたくないな~

この理由で傘を持つ人も多いと思います。

雨に濡れて風邪をひく理由は体が冷えるからですよね?

沖縄はそもそも寒くありません

そのため、雨に濡れたからと言って、体は冷えないし風邪も引きにくいです。

帰宅途中に雨に濡れてもお家でお風呂に入れば良いだけなので、傘を差さなくても大丈夫です。

スポンサーリンク

面倒くさがり

沖縄の人は基本『面倒くさがり』です(笑)

なんぎ~(面倒くさい)

この言葉が口ぐせの人も多いです。

傘を持ったり、差したりすることすら面倒くさがります。

面倒なのに傘を持つ理由がありません。

雨が降っても『なんくるないさ~』。

スポンサーリンク

周りが傘差してないのに自分だけ差すのが恥ずかしい

上記の理由で、沖縄ではほとんどの人が傘を持ち歩きません。

その中で一人だけ傘を持ってたら恥ずかしくないですか?

周りに合わせて持たない人もいます。

まとめ:降水確率が何%でも、沖縄では傘は持たない

いかがでしたか?

沖縄は雨が多いのに傘を持たない理由は分かったでしょうか?

雨が降ってもなんくるないさ~精神を持っている人が多いです。

ちなみに県外から沖縄に移住した人も、3~4年も経つと持たなくなる人が多いです。

恐るべし沖縄の文化(笑)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次