沖縄と本土の文化の違いはなぜ?その理由は歴史にあった!

たーかー

はいさ~い!

沖縄って日本の中でも
独特の文化が多いよね?

同じ日本で何でこんなに違うの?

私が県外に住んでいた際に、色んな文化の違いに驚きを感じました。

下記で、沖縄の文化がどのくらい違うのかまとめていますので、良かったら参考にしてください。

沖縄の文化一覧はこちらから

なぜこんなにも沖縄と県外で文化が違うのか?

結論を言うと、沖縄は日本国としての歴史が短いからです。

琉球王国時代から現在まで約600年の歴史がありあますが、日本としての歴史は100年程しかありません。

琉球時代450年→日本66年→アメリカ統治下27年→日本50年

沖縄は上記のような歴史をたどっているのです。

なぜ沖縄と県外の文化や言葉が違うのか、その歴史を詳しく説明していきます。

この記事を読むことで、沖縄の歴史が分かるようになり、沖縄の新たな魅力を感じる事ができます。

スポンサーリンク
目次

沖縄の歴史

元々沖縄は「琉球王国」という1つの独立国家でした。

琉球王国時代

琉球王国の歴史はは1429年~1879と、約450年間です。

琉球は中国をはじめ

  • 日本
  • 朝鮮
  • 東南アジア諸国

これらの地域と外交・貿易を通して海洋王国として発展していきました。その中で、特に中国との外交・貿易が盛んだったのです。

中国と外交・貿易が盛んだったため、琉球の文化は中国と似ています。

沖縄県民なら誰でも知っている沖縄民謡に「唐船ドーイ」(中国の船が来たよ)という歌があります。

「中国の船が来たことを喜ぶ」事を歌にしています。

それほど中国との関係は深いのです。

廃藩置県により、琉球→沖縄県に

1609年に日本の薩摩藩が、約3,000名の軍勢を率いて琉球に侵攻し首里城を占領しました。その後270年間は、琉球は中国支配下にありましたが、裏では薩摩藩と徳川家の従属国という関係が続いていました。

1871年の廃藩置県に伴い、琉球は鹿児島県の下に入り、1872年に琉球藩となりました。1879年に琉球藩が廃止され沖縄県が設置されました。

当時の沖縄の方言は、県外に人には分からないため、日本の悪口を言っているかもしれないと思われていました。そのため、沖縄の方言は禁止され標準語を強制されていました。

この規則を破ったものは、次に方言を使う人が現れるまで、みせしめとして「方言札」というものを首にかけなければいけませんでした。

方言札は日本各地にありましたが、言語差が大きい沖縄は特に厳しく、明治末から第二次世界大戦まで用いられました

当時を知る高齢者の方に話を聞くと

方言しか分からないけど、方言札をかけられたくないから喋ることが減った。

いつもビクビクして暮らしてて辛かった。

そういった事を話されていました。元々沖縄独自の言葉を話してたのに、突然その言葉を話すなと言われると辛いですよね。

戦後、アメリカの統治下に

太平洋戦争末期の1945年に、アメリカの統治下になりました。その後、1972年までの27年間はアメリカ文化となりました

当時は

  • 通貨はドル
  • 本土に行くにはパスポートが必要
  • 車は右側走行

と完全にアメリカスタイルでした。

1972年以降、日本に返還され現在に至ります。

  1. 琉球:450年
  2. 日本:66年
  3. アメリカ:27年
  4. 日本:50年(2022年現在)

約600年の沖縄の歴史の中で日本の文化は、合計しても100年ちょっとしかありません。割合にして約15%です。。

たった15%しか日本として暮らしていないのであれば、文化が違って当然ですよね?

文化の違いは歴史以外にも様々な理由があります。

時間の流れが違う

上記で説明した通り、沖縄は中国の文化を現在でも継いでおり、行事は新暦ではなく旧暦で行うことも多いです。

正月も新暦の1月1日に行わない地域もあります。

本土ではお盆を8月13~16日にしますが、沖縄はこの時期に休みを取る人はいません。沖縄は旧暦の7月13~15日にお盆をするためです。

そして毎月旧暦の1日と15日には、「ヒヌカン」(火の神)といって台所に置いてある

  1. 花瓶
  2. 香炉
  3. 湯呑
  4. 小皿
  5. 茶碗

これらの手入れをします。(最近はしない所も多いです。)

新暦と旧暦では時間の流れが変わってくるため、行事も日程がずれてしまいます。

スポンサーリンク

信仰文化は先祖崇拝

沖縄での信仰文化は基本的に「先祖崇拝」です。

先祖をとても大事にしています。

そのためシーミーという4月の行事では、お墓で皆でお酒を飲んだり。

お墓でお酒を飲むって驚きだと思いますが、沖縄ではとても大事な行事なのです。

\シーミーの詳しい説明はこちらから/

お盆ではエイサーを踊ったりします。

エイサーは帰ってきた先祖を迎えて、太鼓を叩きながら送り出す踊りです。

沖縄本島の面積のうち15%は米軍基地

日本の米軍基地のうち、沖縄に約70%占めており、沖縄本島の面積のうち約15%が米軍基地となっています。その規模は、東京23区のうち13区を覆ってしまうほどの大きさです。

沖縄の人が基地内で働く事も多いです。条件付きですが、許可があれば一般人も基地内に入ることができます

また基地外にアメリカ人が出る事も可能です。そのため沖縄の街では、アメリカ人を見ることも珍しくありません。

北谷町沖縄市は、特にアメリカ人が多い地域のため、アメリカ風のお店が多数あります。

アメリカの統治下だったこともあり、食文化はアメリカ寄りの事も多いです。

沖縄はアメリカの文化も取り入れる事で、経済を回しているのです。

伝統文化

沖縄の伝統文化は現在でも受け継がれていることが多いです。

沖縄の伝統文化
  1. 三線
  2. エイサー
  3. 琉球舞踊
  4. ハーリー
  5. 紅型
  6. 琉球ガラス
  7. 豊年祭
  8. 大綱挽

これ以外にも地域によって様々な文化を引き継いでおり、文化に対する考え方も学んでいきます。

沖縄は昔ながらの考え方を今でも大切にしています。

スポンサーリンク

まとめ:沖縄と県外の文化の違いは、歴史や環境の変化のため

いかがでしたか?

沖縄は日本の歴史が浅く、中国との歴史が深い地域です。

またアメリカの統治下だったこともあり、アメリカ人も多く住んでいるため、アメリカ文化も多いです。

年間の行事も旧暦で行います。

しかし、以前は何をするにも旧暦で動いてましたが、私の家庭は正月は新暦で祝い、旧暦はしなくなりました

今後日本としての歴史が長くなれば、こういった文化も変わってくるかもしれません。

しかし違いがあるから興味も持たれ遊びにも来てもらえる。

全てが一緒だとつまらないですよね?

観光立県の沖縄として、今後も沖縄独特の文化を維持して、沖縄の楽しみを感じてほしいと思っています

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次