沖縄移住の後悔する理由1位は人間関係!?沖縄県民と話して対策しよう!

沖縄の移住で後悔する理由とその対策法は?
たーかー

はいさ~い!

沖縄の移住で、後悔や失敗する人の多くは人間関係が原因なの?

たーかー

沖縄の県民性を理解しないと、人間関係が上手くいかないかも……

沖縄に移住した人の半分は、2~3年以内に元の地域に戻ると言われています。

その理由の多くは

  1. 経済面
  2. 人間関係
  3. リゾート感がなく飽きる

上記の3つに当てはまります。

後悔する理由は、賃金が安い。人間関係が合わない。リゾート感がなく飽きる。

沖縄にリゾート感覚で移住を考えると、理想と現実のギャップが大きく、ショックで後悔したという声が多くあげられています。

後悔しない対策法は

  1. 転職サイトを利用して年収アップ
  2. 沖縄県民と話をしてみて、人間関係が合うかどうかの判断
  3. 旅行と移住を切り分ける

上記の3つです。

この記事では、沖縄の移住で後悔する3大理由とその対策法を詳しく紹介します。

この記事を読むことで、沖縄移住で後悔する理由が分かり、その対策をとることができます。

しっかりと読んで、沖縄へ移住する際の心構えをしておきましょう!

目次

後悔①沖縄は低年収&物価は変わらない

年収が下がる

沖縄の世帯年収は、2019年で423.3万円と全国でも最下位となっています。(参照元:2019年全国家計構造調査

現在と同じ業種で働くなら、今の給料より下がる事は想定しておいた方が良いです。

低年収の割に物価は安くありません。逆に、食材に関しては割高です。

沖縄の食材は、県外から輸送して販売されるため、輸送代が割り増しされるのです。

以前私が県外に住んでいた際に、スーパーでは冷凍食品が3割~5割引でした。沖縄のスーパーでは、どこにいっても冷凍食品の割引はほとんどありません。

沖縄では仕事は楽に、週末は思いっきり楽しむぞ!

こんな考えを持っている人は注意してください。仕事は県外に比べてゆるいと思いますが、給料が低い分週末にお金を奮発して遊ぶといった事はできません。

後悔②沖縄の人は冷たい

沖縄は、極度の人見知りが多いです。初対面では、なかなか自分から声をかけてくれません。

県外から来た人は

県外の人には冷たいのかな?

そう感じるかもしれませんが、そんな事ありません。県内・県外関係なく、最初は話をしてくれないのです。

たーかー

私も職場が変わったときは、最初は声をかけられないよ……

それでは、沖縄に来て最初は孤独を感じるのかというと、そうではありません。

仕事でもプライベートでも、気さくに声をかけてくれる人が必ず一人はいます。

そういった人とはすぐに仲良くなれますが、全体と気さくに話せるようになるには時間がかかります。

沖縄はお喋り好きな人が多いため、一度仲良くなるとたくさん話しかけてくれます。

後悔③助け合いの文化が強い

沖縄には「ゆいまーる」という方言があり、「助け合う」「一緒に頑張ろう」という意味の言葉です。

この言葉は親から教わり受け継がれています。そのため、沖縄では助け合いの精神が強いです。

助け合いの精神から行われている事が、「模合(もあい)」という文化です。

「模合」とは数名の仲良しグループで行われ、毎月定額のお金を出し合って一人がそのお金を貰います。それを毎月順番ずつもらっていくのです。

「模合」は昔の助け合いの文化から生まれたもので、現在でも続いているのです。(現在では、飲み会の言い訳にしている事が多い)
模合について詳しい情報はこちらから。

他にも、現在でも近隣からお裾分けを貰ったりなど、昔ながらの助け合い精神が今でも継がれているのです。

皆で助け合う文化は大切ですが、こういった環境にいなかった場合、鬱陶しく感じるかもしれません。

最初は困惑するかもしれませんが、助け合いの精神は慣れるとありがたいものです。

後悔④食事が合わない

食事

沖縄には

  • ミミガー(豚の耳)
  • ヒージャー汁(ヤギ汁)
  • 沖縄そば
  • ナーベーラー炒め(ヘチマ炒め)

など、数えたらキリがないほど、沖縄でしか食べられない料理がたくさんあります。

初めて食べると口に合わない物も多いでしょう。

沖縄の料理は食べられないな

と後悔する人もいます。しかし

  • にんじん
  • 玉ねぎ
  • じゃがいも
  • キャベツ

など、普段食べる食材もたくさんあります。

たーかー

我が家も、家でご飯を食べる時は沖縄料理はあまり作らないよ!

飲食店でも一般料理が提供されていることがほとんどです。

後悔⑤沖縄の生活、意外と普通

沖縄に住んだら
・毎日海に行こう
・週末はお洒落なカフェに行こう
・沖縄の自然に癒されよう

そういったリゾート気分で沖縄に移住するなら、注意が必要です。沖縄の生活って結構普通です。

  • 仕事しながらの生活では、毎日海に行く余裕はないです。
  • 子育て世代なら、育児に追われて毎週出かけられるとは限りません。
  • 通勤中観葉植物をよく見かけますが、運転しながらでは自然を堪能することはできません。

沖縄も県外も、生活は大きく変わりません。過度な期待は後悔する元です。


沖縄の移住で後悔する代表的な理由を挙げてきました。

これらは全て対策することができます。次にそれぞれの対策方法を紹介していきます。

対策①転職サイトを利用して年収アップさせよう

スーツを着た人同士で握手をしている

経済面の対策として、少しでも給料を高く維持したいのであれば、転職エージェントがいる転職サイトに登録しましょう。

転職エージェントは、年収や待遇など条件を交渉してくれます。プロが交渉するため、自分で交渉するより確実に年収アップの可能性が高まります。

自分で年収の交渉って難しいですよね?ぜひ転職エージェントを利用して、年収アップを狙いましょう。

対策②沖縄県民と話して、人柄を知ろう

人間関係が上手くいくかどうか判断する方法は1つしかありません。

その対策方法は、沖縄県民と直接話してみることです!

沖縄の人との人間関係で後悔しそうなら、実際に喋ってみて合うか合わないか判断してみてはどうですか?

スキルマーケット「ココナラ」を利用することで、沖縄県民と気軽に話をすることができます。

ココナラを使った事ない方は、下記のボタンから登録することで電話相談が3000円分無料です。最低1分100円となっているため、30分間無料でお話ができます。

\新規登録で3,000円無料クーポン/

(ホームページには電話占いと書かれていますが、電話相談でもクーポン利用可能です。)

たーかー

私は沖縄に生まれ沖縄で30年以上生活しており、県外の在住歴も4年間あるので沖縄と県外の違いも理解しているよ。

沖縄と県外の違いを理解しているからこそ、沖縄に住むときの注意点やポイントを説明することができます。
私と話す場合はここから予約が可能です。

対策③助け合いの文化に無理して合わせる必要なし

模合をしている人は多いですが、私は決まった日にちに同じメンバーで集まるのが苦手です。そのため模合もしていません。

私は模合ではなく、集まりたいときに集まるようにしています。

必ずしも模合の文化があるからと言って、その文化に合わせる必要はありません。

たーかー

好きな時間に好きなタイミングで集まる方が良いよね☆

お裾分けは有難いものですが、断る事も問題ありません。沖縄は県外からの移住者が増えているため、文化も変わりつつあります。

あなたが、助け合いを重く感じるなら、丁重にお断りしましょう。礼儀良く伝えれば相手も納得してくれるはずです。

旅行と移住は切り分けよう

生活は今の暮らしと大きな変化はありません。

リゾートはリゾート、生活は生活と切り分けるようにしましょう。

もちろん沖縄に住んでからこそ、お得にリゾート気分を味わう事もできます。

ちゅらとく」という沖縄在住者のみ利用できるサイトがあります。「ちゅらとく」では県内のホテルやレストラン、レジャー施設が割安で利用することが可能です。

そういったものは、たまにご褒美として利用しましょう。

沖縄のリゾート気分は、特別な日に。そういう風に気持ちを切り替えておくと、沖縄のリゾート気分に憧れて移住しても、後悔することがなくなります。

まとめ:沖縄の移住で後悔する理由を知り、その対策をすることで安心して移住が可能

沖縄の移住で後悔する代表的な理由と対策を挙げてきました。

  1. 年収が低い→転職サイトを利用で年収アップ
  2. 人間関係が合わない→まずは沖縄県民と話して、移住する前に合うかどうか判断
  3. リゾート感がなく飽きる→リゾート気分は特別な日に

こういった対策をしていけば、沖縄の移住で後悔することはありません。

ぜひ対策をして、沖縄に移住して快適に過ごしましょう。

沖縄の移住で後悔する理由とその対策法は?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次