沖縄に移住するなら家具・家電は買い替える?効率良く費用を抑える方法を紹介!

移住時に家具・家電は買い替える?
たーかー

はいさ~い!

引っ越す時に家具・家電があると費用高くなるよね?
買い替えるのと持っていくのどっちが良いの?

たーかー

その時の状況によって変わってくるから、それぞれ紹介するね☆

引っ越し費用って高いですよね?大きなサイズの家具・家電は、引っ越し費用が高くなる要因です。

引っ越し費用を抑えたいけど、家具・家電はまだ使えるし捨てるのはもったいない。

今の家具・家電を新居に入れてみたけど
・家の雰囲気に合わない
・運んでるときに壊れた
そのため結局買い替えた。

こんな経験ありませんか?せっかく、高い費用を払って持ち運んだのにも関わらず、買い替えるってかなり損した気分ですよね?

最初から買い替えとけば良かった。

そうならないように、買い替えるか、持ち運ぶかをしっかり考えましょう。

この記事を読むことで
  • 持ち運ぶ「家具・家電」の取捨選択ができる。
  • 買い替える方法が分かる。
  • 家具・家電の処分方法やお得な買い方が分かる
  • どのくらいお得になるかが分かる

これらが分かるようになります。

引っ越しの際の参考にしてください。

引っ越しの準備は順調に進んでいますか?引っ越しの流れがスムーズにいくように、「引っ越し手続きのチェックリスト」を作成しています。手続きがまだ進んでない人は参考にしてください。

目次

沖縄への引っ越し費用相場

沖縄への引っ越し費用相場は?

沖縄への引っ越し費用の相場です。(東京の場合)

東京~沖縄の引っ越し相場

通常期繁忙期
単身世帯206,000円333,000円
家族世帯
(2~3人)
350,000円360,000円
      参照元:引っ越し価格ガイド  

通常期では、単身世帯と家族世帯の費用は15万円違います。およそ1.7倍です!

引っ越し費用の違いは、運搬車の大きさです。

家族が多くなるにつれて、「家具・家電」のサイズも大きくなってしまいます。

段ボールは上に積み立てる事ができますが、大きな家具・家電は積み立てる事ができません。

1つの家具・家電で幅をとり積み立てる事ができないため、家具・家電が多くなればなるほど運搬車のサイズや車両の数も多くなり、費用が高くなります。

「家具・家電」を今の家で処分することができれば、引っ越し費用を抑える事ができます。

では、どのような「家具・家電」は処分すれば良いのか?

それは、「家具・家電」の寿命から考える事で、決めやすくなります。

「家具・家電」のそれぞれの寿命を紹介していきます。

家具・家電の寿命

家具の寿命

家具寿命
ベッド約10年
ソファー(天然皮革)10~30年
(合皮)5~6年
イス5~8年
ダイニングテーブル6~12年
カーペット約10年
カーテン4~5年
テレビ台10~15年
食器棚20年~

家具の買い替え時期としては、寿命の半分を超えた頃からと言われています。

あなたの家具の購入時期を思い出し、寿命の半分を過ぎていたら思い切って買い替えましょう!その方が長期的に見てコスパが良くなります!

家電の寿命

家電寿命
テレビ6~7年
冷蔵庫8~10年
洗濯機7~8年もしくは
(使用回数)2500~3000回
エアコン7~10年
掃除機7~8年
電子レンジ9~10年
Blu-ray&DVD
プレイヤー
5~7年
炊飯器3~10年
扇風機5~10年

家電も家具と同様に、一般的には寿命の半分を超えたら買い替えを考える時期と言われています。

1度「引っ越し見積もりサイト」で、家具・家電あり、なしで見積もりをしてもらう事をオススメします。

家具・家電の寿命と、引っ越し料金が分かると買い替えるかどうかの判断がしやすくなります。

引っ越し侍では無料で引っ越しの見積もりが可能です

ネットで頼むと安くなる!!
引越し屋

引っ越し料金が格段に安くなる方法も紹介しているので、こちらも参考にしてください。

家電を引っ越しさせる際には注意が必要です。

私は、引っ越し前に使えていたBlu-rayレコーダーが、引っ越した直後から使用できなくなりました。

引っ越し業者に、保証してもらえるか問い合わせると……

移動が原因で壊れたか、メーカーに依頼して確認してください。それが原因なら、依頼料も修理代も保証します。原因が分からないなら、依頼料は自己負担でお願いします。

原因が分からないなら、依頼料は自己負担……元々古いレコーダーだったので、「古いから」と言われる可能性もあることを考えると、メーカーに確認するのも諦めて買い替える事にしました。

  1. 手間をかけて持ち運び
  2. 時間をかけて配線をして
  3. 壊れている事が発覚
  4. 引っ越し業者に問い合わせ
  5. 結局、買い替える

最初から買い替えてたらと思うと、かなりコスパが悪いですね。

家電は、車の移動中の振動だけで壊れる事はないと言われていますが、実際に壊れたと言う声は時々聞かれます。

引っ越しで忙しい時に、予想外の買い物が増えるのはかなりのストレスです。

私は、引っ越しする際は寿命の半分前後を目安に買い替えるようにしています。

家電は年数が経てば経つほど消費電力が上がってしまいます。
買い替える事で
①電気代を抑えられる
②引っ越し代を抑えられる
③今より高機能の家電を使える
このようなメリットがあります。

家電に関しては、寿命を気にせず思い切って買い替えてみるのはどうですか?

家電の買い替えはいずれくる必要経費なので、引っ越し時に行うのは悪くない決断です。

買い替えるなら、どこで買い替えれば良いの?

今はネットでの購入や家具のサブスクもあり、今の住まいに居ながら新居ですぐに家具を使用することもできます。

大手家具・家電販売店では今住んでる場所で買って、現地のお店で受け取りや配達も可能です。

できるだけ安く購入したいってあなたには、沖縄で安く買えるおススメの家具屋さんも紹介します。

まずは、現在の家具の処分方法の紹介です。

処分方法

家具・家電の処分方法

処分方法にも色んな方法があります。

お得順に

  1. リサイクルショップに依頼する
  2. 自治体に依頼する
  3. 不用品回収業者に依頼する

となっています。

順に紹介していきます。

リサイクルショップに依頼する

大型の家具・家電って、処分を依頼すると費用がかかります。

そこで、処分の前にリサイクルショップに依頼してみましょう!

古いし汚れてるから、売れるわけないよな……

と思っていても、意外に売れる事があります。

実際に私は、ソファーを7年近く使って、汚れも目立っていましたが、1,000円で売ることができました!

自治体に依頼するとお金が取られていたのに、リサイクルショップでは逆にお金がもらえる。

それなら、間違いなくリサイクルショップに依頼する方が良いですよね?

リサイクルショップでは、かなり古かったり汚れが目立ったりしている商品でも、無料で引き取ってくれることもあります。
まずは、リサイクルショップに依頼して、引き取ってもらえる物は引き取ってもらいましょう!

\まずは、無料の出張査定で相談する/

※買取屋さんグルプでは、札幌・東京・神奈川・千葉・埼玉・静岡・山梨・長野・新潟・愛知・三重・京都・奈良・大阪・兵庫・広島・福岡のみ査定可能です。その他の地域に住んでいるあなたは、最寄りのリサイクルショップに連絡してみてください。

自治体に処分を依頼する

リサイクルショップに一括見積もりしてもらって、処分できなかったものは、自治体に依頼しましょう。

自治体なら数百円で処分してもらえることがほとんどです。

処分代は自治体に依頼する方が最安値でしてもらえる可能性が大きいですが、注意が必要です。

自治体の大型家具・家電の処分は

  • 日にちを指定できない
  • 2週間ほど待たされ事もある
  • 屋外まで持ち運ばないといけない場合が多い

など、料金が安い分、不便な事もあります。

・引っ越しまで時間がない
・屋外に運び出すのが難しい

など、自治体の処分では不都合な場合は不用品回収業者に依頼しましょう。

不用品回収業者に依頼する。

料金が自治体に比べて高くなる分、あなたの要望を聞いてもらえます。

数千円~の費用がかかりますが、自治体に比べて機能性は高いです。

日時の指定や、屋外に運び出す作業が不要です。

リサイクルショップに回収してもらえない。けど、自治体に処分してもらうには、「時間が足りない」「運び出すことができない」

こういったお悩みをもっているあなたは、不用品回収業者に依頼しましょう。

まずは、あなたの住まいで不用品回収業者を探しましょう。

「エコノバ」では、あなたの地域に絞って業者を探すことが可能で、一括で見積もりをすることが可能です。

\不用品回収業者を探すならこちら/

処分することは出来たけど、買うのはどうするの

そんなあなたに、移住する時におすすめの家具・家電の買い方を紹介します。

家具・家電のお得な買い方

家具・家電のお得な買い方

家具・家電の買い方は

  1. サブスクを利用
  2. 通販で購入
  3. 大手家具・家電販売店で購入
  4. 現地で割引されている商品を購入

このようになっています。

順に紹介していきます。

内装をお洒落にしたいならサブスクを利用

新しい家具・家電を買ったけど、家の雰囲気に合わなかった……

家電を買ったけど、使い勝手が悪かった……

こんな経験ありませんか?

「雰囲気に合わない」「機能が良くなかった」けど、せっかく買ったからと仕方なく使ってませんか?

移住先で、心機一転楽しい生活を送りたいのに、家具・家電が家の雰囲気に合わないとテンションも下がっちゃいますよね。

それならサブスク利用して、気に入った商品を買うのはどうですか?

かして!どっとこむ」で家電をレンタルすると、小型家電は数千円~、大型家電は1万円~レンタルが可能です。

例)

  • 電子レンジ:4,860円~
  • 冷蔵庫(112ℓ):12,960円~
  • 全自動洗濯機(7ℓ):23,760円~

そこで気に入った物は同じものを購入し、気に入らない物は変更することで、家に合った家具・家電を選択することができます。

※サブスクは長期的に見ると、割高になってしまいます。1~2か月ほど試して購入するか変更するか判断しましょう!

\沖縄で家具のサブスクならこちら/

お家で安く買いたいなら通販で購入

少し家の雰囲気に合わなくても、コスパを優先したい!

こんなあなたは、通販での購入をオススメします。

通販で購入することで、今の家からでも簡単に安く購入ができ、移住先に送り届ける事ができます。

私はコスパ重視のため、基本は通販で商品を購入していますが注意が必要です。

沖縄では、送料無料と書かれていても(沖縄は別途送料)と書かれていることがあるので注意してください。
また、沖縄への配達が不可の商品もあります。

現物を見て選びたいなら大手家具・家電販売店で購入

実物を見ないと不安……実物を見て購入する方法は?

通販より実物を見て決めたいってあなたは、大手の販売店で購入しましょう。

大手の販売店は沖縄にも店舗があるため、今の地域で買って現地で受け取る事も可能です。

沖縄の大手家具・家電店

家電量販店

  • ヤマダ電機
  • コジマ
  • ビックカメラ
  • エディオン
  • ベスト電器

家具販売店

  • ニトリ
  • 無印良品
  • 大川家具
  • 大塚家具

上記の家具・家電販売店は沖縄にもあります。

移住前の地域で購入し、移住先で受け取りまたは配達してもらうことで、現物を見ながら購入する事ができます。

配達料も、沖縄の販売店からできるため、無料または格安料金で可能です。

格安商品を購入したいなら現地のお店で

家の雰囲気に合わせつつ、出来るだけ安く抑えたい!

そんなあなたには、沖縄の販売店で割引されている商品を購入することをお勧めします。

特におすすめなのが展示品限り、または在庫処分品です。

展示品や在庫処分品は、通販より安くなってることもあります

私は家電や家具を購入する際は、積極的に展示品や処分品で格安の商品を購入します。

実物を見て家に合うか考えながら、割安で商品を購入できます。

白物家電(冷蔵庫・洗濯機)は、移住してすぐに必要なので、あらかじめ購入しておきましょう。

その他は時間をかけても良いってあなたは、現地の展示品や処分品を狙うと割安で購入ができます。

家具に関しては北谷町[地図]や与那原町[地図]にある「比嘉家具」がおすすめです。

常に何かしらのセールをやっており、高品質の家具で最大70%OFFの商品もあります。

我が家の家具は、ほとんどが「比嘉家具」の商品です。

ぜひ参考にしてください。

まとめ:沖縄に移住するなら、家具・家電の購入年数と寿命を確認して、買い替えは検討しよう!

引っ越しでは、トラックの大きさや数によって料金が変わり、その料金を左右するのが家具・家電です。

引っ越し費用は

  • 2~3人世帯は約35万円
  • 単身世帯では約20万円

と、15万円近くの差が出てきます。

家族が多ければ多いほど、家具・家電は大きくなり大きいトラックが必要となるため、高い費用となるのです。

家具・家電を出来るだけ減らすことで、引っ越し料金を安くすることができます。

家具・家電はどちらも消耗品です。

元々寿命の半分を超えると買い替えのタイミングと言われています。

引っ越しでは、車の中に運び込まないといけないため、どうしても汚れたり、壊れたりする可能性もあります。

寿命の半分近くまで使っている物は、思い切って買い替えるのはどうですか?

新居で新しい家具・家電に囲まれて生活するのも楽しみですね。

古い家具・家電の処分

  1. リサイクルショップに依頼
  2. 自治体に依頼
  3. 不用品回収業者に依頼

購入方法

  1. サブスク利用
  2. 通販で購入
  3. 大手家具・家電販売店で購入
  4. 現地で割引している商品を購入

これらの方法を試してみてください。

あなたが効率良く、引っ越しができることを祈っています。

移住時に家具・家電は買い替える?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次