沖縄移住に必要な費用は?1人暮らし~家族まで説明!節約方法も紹介!

沖縄の移住に必要な費用は?節約できる?
たーかー

はいさ~い!

沖縄に移住する時の初期費用っていくらぐらい必要なの?

たーかー

単身者と、家族世帯によって違うから、それぞれ解説していくね!

沖縄に移住するために、最初の問題が初期費用。

  1. 引っ越し代
  2. 車の輸送
  3. アパート代(初期費用)
  4. 移動費(航空費)
  5. 住み始めの食費

上記の値段をそれぞれ計算しなければなりません。

大変ですよね……そこで、私が大まかな移住費用計算しました。

沖縄移住の初期費用

・単身世帯:約65万円
・夫婦世帯:約97万円
・3人家族:約120万円

このようになっています。

高いなぁ。もう少し安く抑えられないかなぁ。

そんなあなたにこの記事では

・それぞれの諸費用の内訳
・いかに費用を抑えるか

これらを紹介していきたいと思います。

この記事を読むことで、移住時の初期費用を抑え、沖縄での快適な生活を送ることができます。

ぜひ参考にしてください。

目次

沖縄移住時の引っ越し費用

1万円札と通帳

初期費用の割合が大きいのが、引っ越し費用。

引っ越しには

荷物の引っ越し
車の輸送

この2つの手続きが必要です。

割合が大きい分、抑えられる可能性が大きいのが引っ越し費用です。

それぞれの費用をと節約方法を詳しく説明していきます。

荷物の引っ越し

最初に、各世帯での費用を紹介していきます。

通常期繁忙期
単身世帯206,000円333,000円
家族世帯
(2~3人)
350,000円360,000円
東京~沖縄間       参考元:引っ越し価格ガイド

家族世帯は、繁忙期は36万円もかかってしまいます。

こんなにかかるの?
結構痛手だね・・・

そうなんです、かなりの費用がかかります。

しかし、この費用はかな~り抑える事ができるんです。

その方法は

・他社見積もりをすること
・早めに見積もりをすること(1か月以上)

この2つです。

他社見積もりは必ずやってください。

もし1社だけに頼むと、上記の費用より、さらに高くなる可能性もあります。

そして、引っ越し日が決まったら、出来るだけ早く見積もりをしてください。

・なぜ相見積もりをすると、安くなるのか
・相見積もりで安くする方法
その理由を下記の記事で解説しています参考にしてください。

この2つをすることで、引っ越し費用をかなり節約することができます。

理由は良いから、とりあえず相見積もりがしたい!

そんなあなたには、引っ越し侍がオススメです。

\引っ越し侍公式HPはこちら/

引っ越し侍なら、最大10社まで見積もりが可能です。
10社と見積もりができれば、引っ越し費用を抑える事ができます。

移住時の初期費用で、引っ越し費用は一番高いです。

この引っ越し費用を安くできれば、移住時の費用をグッと抑えられます。

少々手間ではありますが、30万円近くする費用を安くできる事を考えると、見積もりは必須の作業です。

車の輸送費

車を所有している場合は、車の輸送費も必要です。

東京~沖縄間の車の輸送費(最低料金)

軽自動車 →57,000円~
普通乗用車→62,820円~
参考元:ヒューマンリレーション

また、沖縄は海に囲まれているため、沖縄で車を使う場合は錆止めが必要です。

下記の表は、錆止めのアンダーコーティングの相場です。

軽・コンパクト普通車ミニバン
床下全体8,800円11,000円13,200円
マフラー3,300円3,300円3,300円
足回り(4か所)4,400円4,400円4,400円
参考元:オートバックス情報ナビ

アンダーコーティング全体の費用

・軽自動車=16,500円
・普通乗用車=18,700円

アンダーコーティングは、これだけの費用が必要です。

車を輸送する場合のトータルの費用

軽自動車
 輸送費(57,000円)+アンダーコーティング全体(16,500円)=73,500円

・乗用車
 輸送費(62,820円)+アンダーコーティング全体(18,700)=81,520円

乗用車だと、安くても81,520円もかかります。

費用以外にも、車の輸送は手続きや手間がかなり面倒です。

この手間を考えると、車は買い替える方がコスパが良くなる可能性も大きいです。

\詳しくはこちらをチェック/

沖縄の家賃&初期費用の相場

アパート家賃の相場は、地域によって変わってきます。

「北部」「中部」「南部」地区の、代表的な地域で紹介したいと思います。

・南部地区→豊見城市
・中部地区→那覇市・浦添市沖縄市
・北部地区→名護市

これらの5つの地域を紹介していきます。
(※中部地区の紹介が多いのは、人口が多く人気エリアだからです。)

地域別の家賃相場

スクロールできます
1ルーム2DK2LDK3DK3LDK
豊見城市4.6万円4.7万円8.5万円13万円
那覇市4.4万円4.8万円9.0万円5.3万円12.7万円
浦添市5.0万円5.3万円7.5万円5.1万円12.3万円
沖縄市3.7万円4.6万円7.7万円4.7万円10.5万円
名護市3.4万円4.5万円6.4万円5.8万円8.3万円
参照元:アットホームホームメイト(2022年5月22日現在)

2022年5月22日現在の空室の全体の賃貸相場から計算しています。
※賃貸料は、同じサイズでも築年数によって大きく変化します。

紹介した地域は、人気エリアとなっています。

けど、どんな地域か全然分からない。

そんなあなたに私がおススメする地域を紹介しています。

これを見ながら、家賃と地域を比較してみてください。

\車所有者はこちら/

\ 車がない人はこちら /

賃貸契約の諸費用

賃貸を契約する場合は、初期費用が必要になります。

初期費用の相場です。

種類費用
敷金家賃1カ月分
礼金家賃1カ月分
前家賃家賃1カ月分
仲介手数料家賃0.5~1カ月分
火災保険料8,000~20,000円
保証委託料家賃の0.5~1カ月分

トータル家賃4.5カ月分~5か月分の費用がかかります。

例)家賃6万円
6万円×4.5カ月分=27万円

賃貸契約の初期費用だけでも、大きな費用ですね。

しかし、賃貸契約の初期費用を抑える方法があります。

それはこの一言を言うだけです。

たーかー

初期費用高いな~

これをはっかり言うことで、初期費用を安く抑えられる可能背うが高くなります。

いやいや、これだけで安くなるわけないでしょ……

もちろん、何も考えず言っても安くしてもらえるわけはありません。

言うタイミングや環境を整える必要はあります。

その方法を下記の記事で紹介しているので、賃貸アパートの初期費用を抑えたいあなたはぜひ参考にしてください。

\初期費用を抑えたいあなたはこちらをチェック/

沖縄に移住するための移動費(航空費)

空を飛んでいる飛行機

沖縄に移動するためには飛行機の利用が必須です。

船で移動もできますが、時間はかかるうえに疲労が大きいので、船での移動はおススメしません

航空費も、時期や人数によって大きく変動します。

【東京~沖縄(30日前予約)会社:Peach 一人料金】
・通常期:7,050円
・繁忙期:10,910円
※繁忙期(年末年始、3月、GW、7~8月)
参考元:エアトリ

3人で片道分だと、通常期で、21,150円です。

もし、移住する地域やアパートの下見にいくと、片道3回分です。

21,150×3回=63,450円

家族全員で下見に行くと、移動時の費用だけでも大きくなります。

そのため、一人で行くことをオススメします。

最近は、スマホの写真や動画の性能も高くなっています。

代表者が物件の内見中、残った方はスマホでリモート内見します。

そうすることで、リアルタイムで質問や気になるところをチェックすることもできます。

下見は1人で、移住時に家族で行くこと、移動の費用を3万円も抑える事ができます。

\沖縄でレンタカーの借り方/

沖縄の生活費(移住時に必要な費用)

長いレシート

沖縄の生活費の平均を

・単身世帯
・2人世帯

2つの世帯で、各項目に分けました。

生活費単身世帯2人世帯
食料3.5万円6.2万円
光熱・水道1.0万円2.0万円
保険・医療0.3万円0.9万円
交通・通信1.3万円2.6万円
教養娯楽1.0万円1.4万円
その他雑費2.9万円8.4万円
合計10.0万円21.5万円
※住居費、家具・家事用品、被服及び履物、教育費は含まず
参考元:沖縄統計資料WEBサイト

2人世帯では、平均の生活費は合計21.4万円です。

移住した当初は食材・調味料が何もないため、食糧費は平均を大きく超えます。

また引っ越しの作業で忙しくなるため、外食や弁当の購入が増えると思います。

そのため移住初めの月は25万円程度、想定してください。

しかし、生活費を抑える方法もあります。

沖縄の生活費は県外と比べて、食費が高くなってしまいます。
その理由は、食材は県外から輸送されるためです。
船便で送られるため、輸送費が加算されます。
しかし、沖縄でも食材が安いお店もあります。
それが「ビッグ1」です。
ビッグ1で買い物をすることで、食費を抑える事が可能です。
ビッグ1の情報は「こちら

沖縄移住時のトータルの費用

沖縄移住時のトータルの費用を、単身世帯、家族世帯でそれぞれ紹介します。

スクロールできます
単身世帯家族世帯(3人)
引っ越し(通常期)  21万円  35万円
車の輸送費(軽自動車)
※コーティングも含む
 7.4万円  7.4万円
家賃  
※沖縄市
 ワンルーム
 4.1万円
 3DK
 4.7万円
賃貸契約諸費用
(5か月分)
20.5万円23.5万円
航空費(3回分) 2.1万円 6.3万円
生活費10.0万円21.5万円
合計65.1万円98.4万円
最安費用

・一人暮らしで約65万円
・3人家族で約100万円

結構な費用がかかってしまいます。

100万円……

100万円を貯めるって大変ですよね?

それなら、それぞれの費用を抑えていけばいいのです。

沖縄の移住費用を抑えよう

・1人で65万円
・夫婦で100万円

どちらも、簡単に貯められる金額ではありません。

お金が貯められず、移住したいのに移住できない。

そんな悩みを持っているあなたが移住できるように、費用を抑える方法をまとめました。

下記の記事をそれぞれ見る事で、移住の費用をグッと抑える事ができます。

ぜひ参考にしてください。

まとめ:沖縄移住に必要な費用を準備できたら、移住先を探そう

上記の記事を読んで、ここまで来たあなたなら、きっと沖縄移住に必要な費用を抑えて、準備することができているはずです。

住むための費用を抑えて準備はできたけど、どんな地域に住んだら良いの?

そんなあなたのために、私が

  1. 車を所有している人におすすめ
  2. 車を所有していない人におすすめ
  3. 老後におすすめ

この3つに分けて、オススメの地域を紹介します。

これを読むことで、あなたの住みやすい街が見つかるはずです。参考にしてください。

あなたが沖縄に移住してくる日を待っています。

沖縄の移住に必要な費用は?節約できる?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次