沖縄移住メリット㉖デメリット㉕!4ジャンル【徹底解説】移住者の現実は?

たーかー

はいさ~い!

魅力いっぱいの沖縄に住んでみたいな!

たーかー

沖縄は魅力も多いけど、その分デメリットも多いよ!
デメリットも把握しておこう!

  • 沖縄の海が好き
  • 沖縄の暖かい気候が好き
  • 沖縄の人柄が好き
  • 沖縄のスローライフが好き
沖縄のメリット:海がキレイ・ゆっくりとした時間が流れている・冬も暖かい気候・人間味が温かい

こういった沖縄の魅力に惹かれて移住する人は多いです。しかし、その分デメリットも多数あります。

  • 賃金が低い
  • 湿度が高い
  • 文化が違う
沖縄のデメリット:賃金が安い・湿度が高い・文化が違う

上記以外にも沖縄のデメリットはり、それを理解せず移住を決めると後悔することになるかもしれません。

沖縄歴30年以上で、県外で生活をした事がある私が、現地の人しか知らない沖縄のメリット・デメリットを紹介します。

メリット・デメリットが一目で分かるように比較表を作成しました。

  • 気候編
  • 交通編
  • 居住編
  • 県民性編

上記4ジャンルに分けて紹介していきます。また比較できないメリット・デメリットは最後に紹介しています。

この記事を読むことで、沖縄に住むメリット・デメリットが一目で分かります。

ぜひ参考にしてください。

目次

沖縄移住メリット・デメリットの比較表

沖縄移住のメリット・デメリットをジャンル別に比較しました。

気候メリットデメリット
花粉症がない
海に入れる
花見ができない
涼しい季節は一瞬
そこまで暑くない
マリンスポーツが盛ん
紫外線が痛い
台風が多い
半袖で生活
海に入れる
紅葉が少ない
半袖でも過ごせる
雪が降らない
冬のお洒落が楽しめない
風が強いと寒い
交通メリットデメリット
電車満員電車のストレスがない車なしは不便
モノレール混まない路線が一部地域のみ
バス混まない時間通り来ない
駐車代が安い
免許取得費用が安い
渋滞しやすい
居住メリットデメリット
アパート(賃貸)駐車代無料が多い物件の空きが少ない
マイホーム近隣住民が優しい相場より高い
 海のさざなみが癒される戦闘機の音がうるさい
食事色鮮やかな魚が食べれる
弁当が安い
物価が高い
仕事沖縄独特の仕事がある
居住地の近くで働ける
賃金が低い
文化海外の文化に触れられる統一感がない
県民性メリットデメリット
うちなー
タイム
時間に追われない計画が崩れる
宴会遅い時間までやるお酒が強すぎ
なんくる
ないさ~
大らかルーズすぎる

それぞれのメリット・デメッリットを気候→交通→居住→県民性→その他の順で詳しく紹介していきます。

メリット①沖縄は春でも花粉症と無縁

沖縄の春の最大のメリットは、花粉症にならないことです。

沖縄には、花粉症の原因のスギやヒノキが圧倒的に少なく、花粉症になるほどの花粉が飛びません

花粉症から逃れたい理由で、沖縄に移住したって人もいます。

花粉飛散予報に沖縄がない!

ウェザーニュースでは、沖縄は花粉飛散の予想から除外されています。それほど、花粉症とは無縁なのです。

メリット②沖縄は春から海開き

もうひとつの春のメリットは、沖縄の海開きは4月のため春から海で遊べます。

気温+水温=50℃以上」が海水浴に適した温度となっています。沖縄の4月は、最高気温の平均が25.5℃、水温平均が23℃です。

4月の暖かい日を狙って行けば、快適に海水浴を楽しめます。 海好きにとって、4月から海に入れるのは嬉しいですね。

メリット③沖縄の夏はマリンスポーツが最高

沖縄の夏といえば海でサーフィンをしたり、ダイビングをしたりとマリンスポーツが盛んです。

沖縄の海の透明度(キレイ度)は、世界でもトップレベルです。そのため、世界中から沖縄にダイビングを楽しみに来ます。

ダイビングショップも多く、沖縄のどこに住んでてもダイビングを楽しめます。

ダイビング中、カメと一緒に記念撮影
カメと一緒に記念撮影

沖縄のダイビングでは、カメと一緒に泳ぐこともできます。

私は沖縄でも県外でもダイビングを経験してますが、海の透明度が全然違います。

沖縄本島のダイビングスポット3選はこちら

沖縄の海のもう一つの楽しみ方は「ビーチパーティー」です。

夏といえばビーチパーティー!

っていうぐらい、沖縄の人はビーチパーティーが大好きです。

  • 家族
  • 友人
  • 同僚

など、色んな人とビーチパーティーをします。暑くなってくるとビーチパーティーが待ち遠しくなります。

\ビーチパーティが分からない人はこちら/

メリット④沖縄の夏は以外に暑くない

夏のもう一つのメリットは気温です。

意外だと思いますが、沖縄は県外より気温が低い日も多いです。

2020年8月、沖縄と主要都市の平均気温
  • 沖縄→29.4℃
  • 東京→29.1℃
  • 大阪→30.7℃
  • 福岡→30.2℃
    (参照元:気象庁

平均気温は、沖縄の方が低い、もしくは同じぐらいとなっています。

沖縄と主要都市の最高気温も比べてみましょう。

沖縄と主要都市の最高気温
  • 沖縄→32.2℃
  • 東京→34.1℃
  • 大阪→35.7℃
  • 福岡→34.5℃
    (参照元:気象庁

沖縄の最高気温が、2度近く下回ってます。

沖縄は周りが海に囲まれて、海風により気温が循環されるため、暑くなりにくいのです。

冬は暖かく、夏は涼しいのが沖縄のメリットです。

メリット⑤沖縄は秋も半袖で過ごせる

沖縄は11月の平均気温は20℃超えとなっています。そのため秋でも半袖で過ごせ、寒くても薄い長袖1枚程度です。

真冬になるまで衣替えの必要がないのはメリットです。

また10月も、海に入ることができます。沖縄の10月は、最高気温の平均が28℃、水温の平均が28℃です。気温+水温が50℃を超えているため、10月も快適に海水浴が楽しめます

メリット⑥沖縄の冬はコートがいらない

沖縄は真冬でも最低気温が10℃以上です。2022年1~2月の最も寒い日が11.7℃でした。冬でも暖かい日が多く、室内は半袖で過ごせる日も多いです。

たーかー

屋外でもコートはいらないよ!

冬物が少なくて済むので、衣替えも簡単にできます。収納する物が少なくすむため、クローゼットの見た目もスッキリします。

沖縄は雪が降りません。雪が降らないため、雪かきなど雪に関する困りごとは何もありません。

沖縄の年間の気候ってどのくらい?

たーかー

沖縄の月別の気温や湿度をまとめたので参考にしてね。

メリット⑦沖縄に移住すると電車の混雑とお別れ

通勤や退勤ラッシュの満員電車って、かなりのストレスですよね。

満員電車に乗ったことがありますが、沖縄県民の私はかなりのストレスを感じました。

このようなつぶやきがあるぐらい、満員電車へのストレスを感じられている人もいます。

沖縄にはそもそも電車がないので、満員電車のストレスなんてありません

モノレールやバスも、満員になることが少ないので、ストレスは少ないです。

満員電車のストレスから解放されるだけで、かなりのメリットだと思います。

メリット⑧沖縄のモノレールは混雑しない

沖縄は電車の代わりにモノレールがありますが、県外の電車ほどモノレールは満員になりません

私も何度か利用した事がありますが、通勤・退勤ラッシュ時間でもそこまで混むことはありませんでした。

車では渋滞の多い那覇~浦添間は、車よりモノレールの方が便利です。

モノレールの詳しい

  • 路線図
  • 駅情報
  • 時刻表
  • 運賃表

は「ゆいれーる公式HP」を参照してください。

メリット⑨沖縄のバスは混雑しない

モノレール同様、バスは満員になることが少ないです。平日のお昼は1人だけって事もあります。

バスの路線や発着は多いため、車を持っていない人でもバスの利用で快適に生活ができます。

メリット⑩沖縄は駐車代が安い

沖縄の駐車代は安いです。

駐車代例
  • コインパーキング:1時間100円~300円
  • 月極駐車代   :3,000円~7,000円
  • アパート駐車代 :無料~5,000円

アパートの駐車代は、基本無料です。1台のみの場合がほとんどですが、縦列駐車なら2台まで無料の所もあります。

那覇の新築アパートは駐車代がかかることもありますが、高くても5,000円程度です。

車社会の沖縄で、駐車代が安いのはメリットです。

メリット⑪沖縄は免許費用が安い

沖縄の車の免許費用は、全国に比べて安くなっています。

【免許費用】

・普通MT免許:267,695円(税込)
※全国平均:302,489円(税込)

・普通AT免許:253,192円(税込)
※全国平均:287,946円(税込)

全国ランキング:2位/47件中

引用元:はじめての運転免許

車社会の沖縄で、免許費用が安いのはメリットですね。

沖縄の各教習所の免許費用まとめ

メリット⑫沖縄のアパートは駐車代が安いor無料

車社会で説明しましたが、沖縄のアパートは駐車代無料の物件がほとんどです。

アパートの家賃は全国平均レベルですが、駐車場代が無料を考えれば割安です。

メリット⑬沖縄は隣人が温かく、移住者も安心

沖縄は昔から、近所付き合いが盛んな地域です。

新しく移住してきた人も快く歓迎してくれて、何かあったときは、声をかけてくれたり助けてくれたりします。

アパートは、人の入れ替わりが激しいのでそんなことありません。

マイホームの場合は、長年お付き合いするため、近隣住民との関りは重要です。

近隣が親切なら安心だね!

たーかー

ずっとお付き合いするなら
良い関係性を築きたいよね☆

メリット⑭海の音が癒される

沖縄は海に囲まれているため、少し車で走っただけで海に着くことができます。

疲れているときに、海のさざ波の音を聞くと、疲れも飛んでいきます。

海の音を聞いて癒されるのは、沖縄の人だけなんでしょうか?

\海の音/

あなたも、沖縄に住めばきっと海の音で癒されるはずです。

メリット⑮移住すると沖縄ならではの食事が楽しめる

沖縄でしか食べられない料理がたくさんあります。

沖縄独自の料理
  • ひーじゃー汁(やぎ汁)
  • ミミガー(ブタの耳)
  • てびち(豚足)
  • スクガラス(アイゴの稚魚の酢漬け)
  • ジーマーミー豆腐
  • 島らっきょう

上記以外にも色々あります。

特に沖縄で美味しいのが、色鮮やかな魚です。

沖縄の魚
  • グルクン
  • タマン
  • ミーバイ
  • 赤マチ

これらは全て食べられる魚で、これが美味しいのです。

県外から来た人で、食べた瞬間、「感動した!」という話も聞きます。

メリット⑯沖縄の弁当は安い

沖縄でお昼休みの弁当は、弁当屋さんで買うことをオススメします。

なぜなら、300円で満足できる弁当を購入することができるからです。

家で作る手間を考えると、300円の弁当はコスパ最高です。

安く弁当が買えるのは共働きの家庭にも家計にも嬉しいね☆

メリット⑰沖縄ならではの仕事あり

沖縄は、観光スポットを活かした仕事も豊富です。

沖縄ならではの仕事
  • ホテル業
  • お土産屋さん
  • ダイビングショップ
  • ツアーコンサルタント

海が好きで、県外から沖縄のダイビングショップで働く人も多いです。ダイビングショップで働くスタッフは、県外出身しかいません

沖縄に憧れて移住するからこそ、沖縄でしかできない仕事に就くのも良いですね。

メリット⑱沖縄は居住地の近くで働ける

一般業種も含めると、仕事は多数あるため家の近くで仕事を探すことも可能です。

日本全国の通勤時間は「片道平均39分」です。関東では、40~50分以上かかっています。
参照元:総務省統計局

沖縄だと通勤時間は平均32分となっており、全国平均より短くなっています。

実際に生活していると、30分でも遠い感じがします。ほとんどの人が15~20分で職場に着いている印象です。それほど、住む場所の近くに就職先がたくさんあります。

通勤時間が短かければ、その分時間を有効活用できますね。

沖縄で多い仕事の業種って何?

沖縄の仕事事情が気になるあなたのために、沖縄のお仕事情報をまとめました。

お仕事情報が気になるあなたは参考にしてください。

\沖縄で多い仕事は?/

メリット⑱多国籍の文化が味わえる

沖縄は1429年~1879年までは「琉球王国」という1つの国で、当時は中国との貿易が盛んだったため、文化も中国に近かったです

1879年以降日本の統治下になり沖縄県が設置されましたが、1945年~1972年まではアメリカの統治下でした。

  • 琉球王国
  • 中国
  • 日本
  • アメリカ

沖縄は、上記4つの文化が混在する県なのです。

色んな文化が混在する沖縄だからこそ、メリットがあります。

沖縄本島の面積のうち、約15%は米軍基地です。

在日米軍は、基地内外の出入りが可能です。
(情勢によって出入りが禁止される事もあります)

そのため、沖縄本島には、アメリカ風のお店がたくさんあります。

特に北谷町美浜の「アメリカンビレッジ」では、ほとんどがアメリカ風のお店作りとなっています。

アメリカンビレッジ」に行けば、アメリカの雰囲気を楽しんだり、アメリカ人との交流の機会もあります。
アメリカ人と交流したい方には、住むだけで交流の機会がある沖縄は嬉しいですね。

また、中国の文化は今でも継承されています。

沖縄は旧暦で行事をすることも多く、特にお盆はどこの地域も旧暦で行います。

旧盆の際に、必ず行われるのが「エイサー」です。2020年から中止されて、2022年から再開されています。

エイサーの太鼓の音が聞こえると、自然と気持ちが高ぶります。

県外の人も、エイサーを見ればきっと楽しんでいただけます。

中国の文化は少しづつ薄まっていますが、エイサーの太鼓の音はいつまでも聴いていたいです。

  • 沖縄
  • 中国
  • 日本
  • アメリカ

4つの文化が1つの地域で味わえるのは、世界広しといえでも、沖縄だけではないでしょうか?

色んな文化に触れたい方には沖縄の移住はおススメです。

何で沖縄はこんなに色んな文化があるの?

下記の記事で、沖縄の歴史を説明しています。気になる方は読んで見てください。

\沖縄の文化の歴史はこちら/

メリット⑲うちなータイムで時間に余裕ができる

沖縄は時間の流れ方が非常にゆっくりです。待ち合わせに遅刻、仕事もゆっくり

それが「うちなータイム」です。

沖縄は、時間に対しておおらかです。

沖縄では時間を細かく設定することがないので、時間に追われる事なく生活ができます。沖縄の生活はストレスフリーです。

私が県外に住んでいた時は、全てきっちりした時間配分だったので、ストレスが溜まりまくってました。

時間に追われない生活は、ストレスがなく快適です。

メリット⑳沖縄の宴会は長時間楽しめる

沖縄には電車がないため、「終電に合わせて宴会が終わる」といった概念がありません。

そのため、時間を気にせず、遅い時間まで宴会をすることができます。

たーかー

時間を気にしないで飲むって最高だよ!

お酒を飲むときは、時間など気にせず飲みましょう!

メリット㉑「なんくるんないさ~」と寛大

うちなータイムでも説明しましたが、沖縄の人は性格がおおらかです。

そのため、ちょっとした失敗は「なんとかなるよ」と気にしません。

相手の失敗を許してくれる寛大な県民性です。

メリット㉒沖縄は時間に追われない

あなたは家を出る時、電車の発車時間を気にして家を出ませんか?家に帰るときも、終電時間を気にしませんか?

沖縄にはそもそも電車がありません。車社会だから、自分のタイミングで家を出たり帰ったりすることができます。

家を出る時も帰る時も、時間を気にしません

車を持ってなければ、バスの時間を気にするから結局一緒じゃん。

そんな事ありません。なぜなら、沖縄のバスは時間通り来ないからです。

時間通り来ないバスの時間を気にする必要はありません。

時間通り来ないバスの対処法さえ知っておけば、何も問題ありません。

沖縄の遅れるバスへの対処法はこちら

時間に追われるって、とてもストレスが溜まりませんか?

時間のストレスから解放されることは大きなメリットだと思います。

メリット㉓国内外とも旅行に行きやすい

那覇空港から国内の空港への路線は多いです。(参照元:那覇空港旅客ターミナルビル

国内の主要路線
  • 北海道
  • 東京(羽田・成田)
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 福岡

これらの主要都市はもちろんの事、地方都市とも多く繋がっています。もちろん、石垣島や宮古島の路線もあります。

国内30都市32路線と繋がっているため、観光や帰省する時に、容易に地方に行くこともできます。

国内だけでなく、国外の路線とも複数繋がっています。

国外の路線
  • 韓国
  • 中国
  • 台湾
  • 香港
  • シンガポール
  • タイ

これら6か国の、15都市15路線に沖縄から直接行けます。

台湾は所要時間2時間もかかりません。近所に遊びに行く感じで、フラっと台湾に遊びに行く人もいます

たーかー

国内だけでなく、海外旅行も簡単に行けるのは嬉しいね。

メリット㉔沖縄の居酒屋はせんべろが豊富

「せんべろ」とは、1,000円で

  • アルコール:3杯
  • つまみ:1~2個

が注文できるシステムです。

仕事終わりに、同僚と軽く飲むには最適なシステムとなっています。

沖縄には、どの地域にもこのシステムでやっている居酒屋が多数あります。

飲み足りないと思ったら、2軒目にはしごしてもたったの2,000円で済むので財布に優しいです。

メリット㉕リゾートホテルを割安で利用

沖縄県民だけが使える、リゾートホテルやレジャーをお得に使えるサービスがあります。それが「ちゅらとく」です。

「ちゅらとく」は会員数30万人超えの、沖縄で人気のサイトです。

  • ホテル宿泊
  • レストラン利用
  • 沖縄遊び・体験

これらが最大50%OFFなど、かなりお得に利用することができます。

沖縄に移住したら利用してほしいサイトです。

デメリット①沖縄の春は花見ができない

沖縄にも桜はありますが「カンヒザクラ」という品種です。カンヒザクラは、1月末~2月頃に開花します。

暖かい沖縄と言っても、真冬の花見は寒いです。そのため沖縄では花見をすることがありません。

「花見大好き!」って人にはデメリットかもしれません。

花見はしませんが、沖縄の各地域で桜めぐりはできます。
桜めぐりが気になる人は「こちら」を参考にしてください。

たーかー

沖縄の桜は色が濃いため、違う楽しみが味わえるよ☆

デメリット②沖縄は夏の紫外線が強い

沖縄の夏の紫外線は、暑いのではなく痛いです。

真夏の直射日光は危険です。日焼けを通り越して火傷をする人もいます。

日焼け止めを塗ったり、日傘を持つ・日陰を歩くなど、外を歩く場合は対策が必要です。

デメリット③沖縄の夏は台風が多い

沖縄は台風の通り道のため、夏は台風が多くなります。

那覇の台風の接近数
  • 2017年:2回
  • 2018年:9回
  • 2019年:3回
  • 2020年:3回
  • 2021年:5回

(参照元:沖縄気象台

接近とは、台風の中心が300㎞以内に入る事です。

沖縄の直撃回数は確認することができませんでしたが、私の体感では年間1~2回の印象です。

台風が多い事は、県外の人からするとデメリットかもしれませんが、台風がデメリットと思う沖縄県民は少ないです。

台風が直撃すると、学校や仕事が休みになるため、台風が発生したら沖縄では直撃することを祈ります。

沖縄の人は台風に慣れているため、台風が多い事はむしろメリットです。しかし、県外の人からからするとデメリットと感じると思うため、あえてデメリットに入れました。

たーかー

今年も台風来てくれるかな~☆

沖縄の人は、こんな感じで夏の台風を待っています。

沖縄では、台風対策をしっかり行えば何も怖くありません。

下記の記事で台風対策についてまとめているので、ぜひ参考にしてください。

\沖縄の台風対策はこちら/

デメリット④沖縄の秋は紅葉が楽しめない

紅葉っていうと

  • モミジ
  • カエデ
  • イチョウ

これらをイメージするかもしれませんが、沖縄にはこれらがありません。そのため、県外のような紅葉を楽しむ事ができません。

しかし、沖縄独自の紅葉はあります。

リュウキュウハゼ
モモタマナ
出典元:沖縄と海に囲まれた暮らし

沖縄独自の紅葉を楽しめるなら、秋のデメリットは少ないです。

たーかー

沖縄の紅葉を楽しもう。

沖縄には、南国特有のたくさんの植物があり、自然好きな人には新たな魅力を感じられるかもしれません。

沖縄の海以外の自然と言えば東南植物楽園です

東南商物楽園は、1300種類の植物があるため、自然好きには最高のお出かけスポットとなっています。

花見や紅葉の代わりに、沖縄独自の植物で楽しんでください。

デメリット⑤沖縄の冬はお洒落が楽しめない

冬は「お洒落の季節」とも言いますが、沖縄は寒くならないため、冬のお洒落が難しいです。

沖縄でも冬のお洒落を楽しむ人もいますが、一人だけ厚着になるため目立ちます。

冬のお洒落を楽しみたい人には、沖縄の気温は辛いですね。

お洒落ができないのは寂しいな

たーかー

お洒落できなくても、冬も暖かいのは最高だよ☆

デメリット⑥沖縄は電車がないため遠出は車

車がなければ、遠出の場合はバスかタクシーを利用することになります。

  • バス:乗り換えや待ち時間で時間を要する。
  • タクシー:料金が高い。

車があれば問題ないですが、車がないと不便です。そのため、運転免許だけは取得しておきましょう。

車を購入しなくても遠出する時だけレンタカーを利用することで、スムーズに移動する事ができます。

日帰りで軽自動車だと2,000~3,000円でレンタルすることが可能です。月に1~2回程度の利用なら、車を所有するよりレンタルが割安です。

デメリット⑦沖縄のモノレールは地域が制限

モノレールは那覇~浦添間しか路線がないため、その地域以外に住んでいる人は、利用する機会が少ないです。

たーかー

私は数回しか使った事ないよ。

今後、路線を延伸する予定ですので、デメリットも少なくなると思います。

今後の路線延伸状況が気になる方は「こちら」を確認してください。

モノレールを利用することでスムーズに移動ができるため、車を持っていない場合は那覇市や浦添市に住むことをオススメします。もしくは沖縄市もオススメです。

下記の記事にて、車を持っていない人にオススメの地域を詳しく紹介していますので、車を持つ予定のないあなたは参考にしてください。

\車がないあなたはこちらをチェック/

デメリット⑧沖縄のバスは時間通り来ない

沖縄のバスは時間通り来ません。特に田舎では遅くなります。

予定時間にバス停に着いてもバスは来ません。

バスを利用時のスケジュールで、計画を詰め詰めに入れていると必ずズレます。

バスを利用する際は、余裕をもって行動しなければなりません。

田舎はバスが遅れますが、人口が多い場所ではバスの行き来が盛んなため、遅れたとしても困らない事も多いです。

バスに乗って移動を考えているあなたは、人口の多い地域に住むことをオススメします。

バスが送れる理由と対策法はこちら

デメリット⑨沖縄は渋滞が多い

車社会の沖縄だからこそ、渋滞は多いです。

那覇は渋滞が多くストレスになりますが、その他の地域では気になるほど渋滞しません。

たーかー

私が住んでいる沖縄市はあまり渋滞しないよ。

渋滞がない地域もあるのは嬉しいな

デメリット⑩沖縄のアパート探しは激戦

沖縄は、毎年人口が増えています。そのため、人気物件はすぐに入居が決まります

1秒でも早く物件を探さなければなりません。

良い物件に出会えるチャンスが少ないのはデメリットです。

良い物件に住みたいけどな

たーかー

物件は1点物だからね!
アパート探しは早めに動く方が良いよ☆

デメリット⑪沖縄のマイホームは割高

沖縄のマイホーム費用は割高です。材料を県外から仕入れるため、運搬費用が加算され高くなってしまうのです。

沖縄でマイホームを建てる場合は、予算を多めに見積もっていなければなりません。

デメリット⑫戦闘機の音がうるさい

住む場所によりますが、戦闘機の音はかなりうるさいです。

戦闘機が見えている間は、会話はできません。

たーかー

私の住んでいる地域はまったく気にならないよ。

騒音が気にならない地域もたくさんあります。下記の記事にて、騒音がない静かな地域を紹介していますので、閑静な地域に住みたいあなたは参考にしてください。

\地元の人が教えるオススメ地域/

デメリット⑬沖縄の食費は割高

沖縄県産の食材もありますが、基本は県外産です。仕入れる時に運搬費用が加わってしまうため、どうしても食材の費用が高くなってしまいます。

県外では30円程度で販売されるもやしが、沖縄では80円ほどします。

食費は高くなりますが他のコストが安いため、1か月の生活費全体で考えると全国平均と大差ありません。(上述した通り駐車代無料など。)

実際、生活費はどのくらい必要なの?

私の家庭の1か月の生活費を公開します。沖縄で生活費がいくら必要か気になるあなたは、下記の記事を参考にしてください。

\たーかー家の生活費公開/

デメリット⑭沖縄は低賃金

沖縄の平均年収は低いです。

全国の平均年収433万円(参照元:国税庁【令和2年分 民間給与実態統計調査】)に対し、沖縄は377万円(参照元:HUREXと全国ワースト2位です。

同じ業種で働くなら、今より賃金が低くなることを想定してた方が良いです。

年収が低くなるのはなぁ…

もちろん交渉次第では、今より高年収になることもあります。

年収はできるだけ高い方が良いですよね?そんな時は、転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントを利用することで、転職のプロがあなたの年収アップの交渉をしてくれます。

自分で交渉するより、年収アップする可能性が高いです。

下記の記事を参考に転職エージェントを利用してください。

\年収をアップさせたい方はこちら/

収入をもっと増やす方法はないかな?

会社からの給料だけをあてにするのではなく、自分の力で収入を増やすのはどうですか?

在宅で副業を行うことで、収入アップが目指せます。

下記で紹介している副業は、自分の好きな時間にすきなように出来る副業を紹介しています。収入を増やしたいあなたは、ぜひ参考にしてください。

\収入アップは自分の力で/

デメリット⑮沖縄は文化の統一感がない

沖縄は文化が多すぎるため、統一感がないです。

沖縄の正月は

  1. 新暦でやる地域
  2. 旧暦でやる地域
  3. 両方やる地域

この3つの時期に分けられます。

両方やる場合、何度も親戚の家に訪ねないといけません。

けっこう大変ですよね。

お盆は、新盆でやるところはほとんどなく、旧盆が当たり前です。旧暦も把握しないといけないので、旧暦が入っているカレンダーが必要です。

冠婚葬祭も地域によってやり方が違うので、そこを合わせる必要があるのは手間です。

文化がありすぎて、統一感がないのはデメリットです。

デメリット⑯うちなータイムで遅刻する人が居る

プライベートで数名と待ち合わせすると、確実に遅刻する人がいます。

30分遅れても気にしない人もいます。

そのため、分刻みでの計画は立てない方が良いです。

確実に計画が狂います。

計画を立てる時も、時間はおおらかにみた方が良いです。

たーかー

遅刻なんて気にしないのが沖縄だよ!

デメリット⑰宴会で酔いつぶれる可能性あり

沖縄はお酒に強い人が多く、何時間でも飲み続けられます。

県外の人で、沖縄の人に合わせて飲んで酔いつぶれた人何人をも見てます。

沖縄の人とお酒を飲む時は気を付けてください。

自分のペースで飲むことを意識してください。

たーかー

お酒は飲んでも飲まれるな!
自分のペースで楽しむのが大切だね☆

デメリット⑱なんくるないさ~と何でも楽観視

自分の失敗まで「なんとかなるよ」っと言って、楽観的な人もいます。

さすがに、自分の失敗は責任をもってほしいです。

このおおらかな県民性はデメリットにもなります。

全員がそんな人ではないので心配しないでください。

無責任な人は、ごく一部です。

デメリット⑲帰省に時間&費用がかかる

沖縄から地元へ帰省する時は、飛行機が必要となります。家族分の飛行機代となると、そこそこ費用が高くなります。

家から出発し実家に帰るまでに、どんなに短くても最低3時間はかかります。

沖縄の住まいや帰省先の地域によっては、その倍かかるかもしれません。

たーかー

格安航空だとキャンペーンで1万円以下で乗れる時もあるよ!
帰省はキャンペーン期間を狙おう!

デメリット⑳沖縄は湿気が多い。移住したら除湿機必須

周りが海に囲まれているため、沖縄は年中湿度が高いです。

冬場でも70%弱、梅雨時期は平均80%以上です。

梅雨時期だけじゃなく、年中カビには注意が必要です。

たーかー

沖縄では除湿機や除湿剤が必要だよ

\沖縄でおすすめの除湿機はこちら/

デメリット㉑沖縄は民放が3局しかない

沖縄の民放は

  • 沖縄テレビ(OTV)=フジテレビ系列
  • 琉球放送(RBC)=TBS系列
  • 琉球朝日放送(QAB)=テレビ朝日系列

この3局です。

本土で人気のゴールデン番組は、平日のお昼や日曜日にやることがあります。

気になるドラマも沖縄ではやってないことが多いです。

たーかー

最近はネットでテレビをリアルタイムで見れるから、気にしなくても大丈夫だよ。

デメリット㉒自然以外のお出かけスポットが少ない

沖縄は、海や森林など自然に溢れる地域ですが、その反面自然以外のお出かけスポットが少ないです。

  • イオンライカム
  • パルコシティ

沖縄の2大デパートはお出かけスポットとしてよく行きますが、他のお出かけスポットはあまりないのが現状です。

「沖縄コンベンションセンター」という、イベントができる大きな施設はありますが、県外ほど頻繁にイベントがあるわけではありません。

「沖縄県立博物館・美術館」もありますが、あまり期待できるものではないです。

デメリット㉓沖縄の水道水は硬水

沖縄は、全国で最も水道水の硬度が高いです。

県外から移住した人で、洗髪後に髪がゴワゴワするという人もいます。

また肌のトラブルになりやすいです。

しかし浄水場によって差があり、地域によっては、本土と硬度が変わらない場所もあります。

たーかー

私の地域は軟水のため、トラブルはないよ。

デメリット㉔沖縄は通販の送料が通じない

楽天やAmazonで商品を注文する人も多いと思います。

その時送料が無料かどうかって気になりませんか?

(この商品、送料無料だから注文しよう!)

このように、商品を注文する人もいると思います。

しかし、沖縄では例外があります。

送料無料(沖縄・北海道・一部の離島を除く)

この文言が書かれていることが、時々あります。

冷蔵庫やソファーなど大きめの家具・家電などは、配送自体できない場合もあります。

また配送は船便なので、楽天やAmazonのお急ぎ便は利用できません。

どうしても時間がかかってしまいます。

デメリット㉕沖縄は週刊誌の発売日が1~2日遅れ

上記で説明した通り、沖縄は週刊誌の輸送も船便です。週刊誌の発売日が1~2日遅れとなります。

SNSでのネタバレに注意しないといけません。

台風などで海が荒れると、1週間程遅くなる事もあり、週刊誌なのに1日置きに入荷される事もあります。

沖縄移住者の現実は?デメリットは感じているのか?

沖縄に移住するメリットは多いですが、デメリットも同様にあることが分かると思います。

実際に移住した人ってどう感じてるの?

たーかー

移住した人の現実を、アンケートにしたから参考にしてね。

SNSを通して20人の方に、沖縄へ移住者した理由をアンケートして、実際に住んでみての感想も答えてもらいました。

アンケート一部抜粋

sayoさん

沖縄に移住した理由
沖縄の海と気候が好きで。

実際に住んでみた感想
住んでみて最高。不便な事は何一つない。

SATOEさん

沖縄に移住した理由
彼氏だった主人の沖縄への転勤が決まり、沖縄についていくことを決め、そのタイミングで結婚もした。

実際に住んでみた感想
最初は思ってたより物価が高く、さらに賃金が安くて苦労した。しかし、沖縄のゆっくりとした時間の流れや、近くに綺麗な海があることが良い所で、そのおかげでストレスが軽減されたのもあって今は沖縄生活を楽しめている。

不便に感じる事は、以前からネットで頻繁に買い物をするが、送料がプラスでかかってしまったり、配送に時間がかかること。

manatsuさん

沖縄に移住した理由
沖縄に姉夫婦が住んでいて、甥っ子達に会いに年に3回程旅行に来ているうちに、沖縄の海が好きになって移住した。

実際に住んでみた感想
住みにくさはないが、文化の違いを色々実感している。旅行と違って、ディープなところも知れるのが楽しい。

※さらに詳しく移住した理由を知りたいあなたはこちらから

  • 賃金が安い
  • 食費が高い
  • 車がないと遠出できない
  • 文化の違いを実感した

など、デメリットであげた事を現実に感じる人もいましたが、それ以上に沖縄の魅力を感じている人が多かったです。

上記であげたデメリットをあなたが覚悟できれば、沖縄に移住したらたくさんに魅力を感じることができます。

沖縄の移住は、デメリットをメリットに変える方法もある。

沖縄は離島のため、県外の移住とは違ったメリット・デメリットがたくさんあります。

デメリットもたくさんあると、住むのに不安が残りますよね?

それなら、デメリットをメリットに変えれば良いのです。

たーかー

デメリットがなくなれば、沖縄は最高の地域だよ!

下記の記事でデメリットをなくす対策を紹介しています。

デメリットの対策法はこちら

沖縄に住んでみたいと思ったあなたに、地元民の私がおススメする地域を紹介しています。

下記の記事をぜひ参考にしてください。

まとめ:デメリットを把握しながら沖縄移住を計画的に進めよう

沖縄移住はデメリットもあり覚悟が必要ですが、それ以上に魅力が大きい地域です。

このブログでは、沖縄移住がスムーズに進むようにサポートしています。

トップページの記事を順に読んでいけば、安心して沖縄に移住する事ができます。

ブログを読み進んでいき、沖縄移住を完成させましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次